奥羽大学歯学部附属病院 奥羽大学歯学部附属病院HOME

お知らせ

  • 診療業務の再開について

    [病院からのお知らせ] 2021/01/29
     2月1日(月)より診療業務を再開いたします

     令和3年1月21日(木)、当院に勤務する教員(歯科医師)が新型コロナウイルスに感染していることが判明し、22日(金)同所属の濃厚接触者1名・接触者2名のPCR検査を実施した結果、23日(土)いずれも「陰性」であることを確認しました。
     同日23日(土)に管轄保健所のご指導のもと、さらに安全を期するため、陽性が判明した教員が所属する診療科の構成員全員と一部の看護師・臨床実習生(計49名)に対するPCR検査を実施しました。その結果、24日(日)医療職員1名が「陽性」と判明しました。
     この結果を受け、陽性と判明した医療職員との接触において濃厚接触者に該当する者はおりませんでしたが、管轄保健所の指導のもと、以下の対応をいたしました。

    1)附属病院は、歯学部共用試験のため以前より1月22日(金)〜23日(土)は休診としていましたが、引き続き1月25日(月)〜30日(土)まで休診としました。
    2)上記陽性者(歯科医師)が担当した患者様と付添されたご家族、歯学部教員、附属病院医療・事務職員、研修歯科医、臨床実習生、附属病院内での業務に従事している委託業者、総計425名にPCR検査を実施しました【25日(月)〜27日(木)】。
    3)陽性と判明した医療職員の行動記録より接触を疑う者9名および上記濃厚接触者1名、計10名の2回目のPCR検査を28日(木)に実施しました。

     1月29日(金)、PCR検査を受けた者全員が「陰性」であることを確認しました。
     つきましては、2月1日(月)より附属病院の診療を再開いたします。
     皆様にはご心配とご迷惑をお掛けいたしましたが、引き続き新型コロナウイルス感染症の拡大防止に全力で取り組んでまいりますので、何卒ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
     なお、感染が判明した教員と医療職員の一日も早い回復をお祈りしますとともに、感染者とそのご家族の人権尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。
                           奥羽大学歯学部附属病院長
Page Top