奥羽大学歯学部附属病院 奥羽大学歯学部附属病院HOME

お知らせ

  • 元輝新報に「睡眠時無呼吸症候群 〜気道を広げる治療が効果的〜」を掲載

    2012/01/30
     財団法人福島県老人クラブ連合会機関紙「元輝新報」の健康特集コーナーに平成14年9月から「口は健康のもと」と題して連載しております。
     平成24年2月号は「睡眠時無呼吸症候群  〜気道を広げる治療が効果的〜」です。
     「元輝新報」ホームページは、こちらをご覧ください。
  • 「ニュースレターVol.44」を発行

    2012/01/19
     「歯とお口」の健康に関する情報、附属病院からのお知らせ等を掲載したニュースレターVol.44を発行しました。
     2階待合室のカタログスタンドに置いてありますので、ご自由にお持ちください。
  • 平成24年附属病院全体集会を開催

    2012/01/11
     1月10日(火)17時30分より臨床講義室(5階)において、附属病院業務従事者全員を対象とした全体集会を開催しました。
     集会では高橋和裕病院長より、新年に向けての震災からの復興にかける附属病院業務の運営方針、奥羽大学の理念・目的、教育目標等について訓示がありました。
     引き続き、医療安全推進委員会副委員長 釜田朗講師より、2012年病院手帳に新たに収載された「附属病院 防災マニュアル」等について説明がありました。
  • 新年のご挨拶

    2012/01/10
     新年あけましておめでとうございます。
     旧年中はご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
     年末年始休業中は大変ご迷惑をおかけしましたが、1月10日(火)より通常診療を開始いたしました。
     本年も、より一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • 平成24年1月「歯っぴい健口川柳」入賞作品

    2012/01/06
     1月の入賞作品が発表されました。
     詳しくは、こちらをご覧ください。
  • 元輝新報に「脱タバコ宣言 〜喫煙は歯科疾患のもと〜」を掲載

    2011/12/27
     財団法人福島県老人クラブ連合会機関紙「元輝新報」の健康特集コーナーに平成14年9月から「口は健康のもと」と題して連載しております。
     平成24年1月号は「脱タバコ宣言 〜喫煙は歯科疾患のもと〜」です。
     「元輝新報」ホームページは、こちらをご覧ください。
  • JR東日本から奥羽大に感謝状

    2011/12/26
     東日本大震災で緊急停車した列車の乗客の避難誘導に当院の職員と学生が協力したとして12月22日(木)JR東日本仙台支社より本学に感謝状が贈られた。
     平成23年3月11日14時45分郡山駅発磐越西線下り列車は、地震発生時に奥羽大学歯学部附属病院患者駐車場前で緊急停車した。同じころ患者駐車場に避難していた職員と学生らがJR乗務員と協力し、約180人の乗客を同駐車場に誘導した。その後、病院1階の食堂と2階の待合室を開放し毛布を配り、同日夜にJRが手配したバスが到着するまで、お茶やタオルを提供して支援を行った。
  • 「ニュースレターVol.43」を発行

    2011/12/12
     「歯とお口」の健康に関する情報、附属病院からのお知らせ等を掲載したニュースレターVol.43を発行しました。
     2階待合室のカタログスタンドに置いてありますので、ご自由にお持ちください。
  • 自衛消防訓練を実施

    2011/12/08
     12月6日(火)15時から自衛消防訓練を実施しました。
     訓練では「病院棟3階西側付近から火災が発生し、5階に2名逃げ遅れた者がいる」という想定に基づき、119番通報、患者さんの避難誘導、救助袋による避難訓練、消防設備の取り扱い、消火器による消火訓練等を行いました。
  • あだたら育成園に義援金贈呈

    2011/12/05
     日本障害者歯科学会では、この度の震災により被災された障がい者に関わる団体に義援金を贈ることになり、福島県はあだたら育成園(安達郡大玉村)が選ばれました。
     12月2日(金)本学の齋藤高弘教授(日本障害者歯科学会理事)より、中村基行園長に義援金が手渡されました。

≪最初 | ≪前ページ | 次ページ≫ | 最後≫

Page Top